うさぎのミクソマトーシス

 

Esther van Praag Ph.D. translated by Atsushi Fukuda

 

 

MediRabbit.comは皆様のご厚意で成り立っています。金額の多寡によらず、全てのご寄付に感謝申し上げます。またご寄付は世界のうさぎの医療と健康のための研究費として使わせて頂きます。ありがとうございます。  

 

ミクソマトーシスは1896年、ウルグアイにて、Sanarelliにより発見されました。アメリカワタオウサギ各種(Sylvilagus sp.)における、散発性の致死的感染症の原因となる感染症です。原因ウイルスはアメリカ大陸全土に拡大し、一部の地域では風土病となりました(チリのアナウサギ、アメリカ西部のブッシュラビット)。

MediRabbit

 

ミクソマトーシスの典型症状。顔面部に粘液腫が形成されます。

アナウサギ(Oryctolagus cuniculi)がミクソーマウイルスに高い感受性を持つことが判明したのは、間もなくのことでした。感染すると、重度の皮膚膿瘍と感染が起こり、最終的には死亡します。1950年代にはミクソーマウイルスがオーストラリアの野生うさぎの個体数を減らす目的で、人為的に導入され、拡大しました。この作戦によりごく少数のウイルス耐性があった個体を除いて、ほぼ全ての野生うさぎが死滅しました。生き残ったうさぎが繁殖し、新たにオーストラリア全土へ広がりました。ヨーロッパでは、ミクソーマウイルスが急速に拡大し、一部の地域では風土病として、アナウサギの間で感染が維持されています。

ミクソーマウイルスに感受性のあるウサギ目の動物種としては、アナウサギ(Oryctolagus cuniculi)、ヨーロッパノウサギ(Lepus europaeus)、ブラシウサギ(S. bachmani)、トウブワタオウサギ(S. floridanus)が挙げられます。

ミクソマトーシスはレポリポックスウイルス属ポックスウイルス科のウイルスが原因となる感染症です。レポリポックスウイルス属は、アメリカワタオウサギ属(Sylvilagus sp.)へ感染する類似ウイルスや、「ノウサギ線維腫ウイルス」などで構成されています。これら全てのウイルスが、皮膚結合組織の腫瘍化(線維腫)を起こします。様々なウイルス株が存在しています。一部は非常に病原性が高く(例:カリフォルニア州ルイジアナ、スタンダードラボラトリーで保有する株)、その他も慢性経過を辿ります。遺伝子研究から、ミクソーマウイルスとショープ線維腫ウイルスに関連があることが分かっています。

吸血性節足動物(ノミ、蚊、シラミ、ダニ)はこの感染症を効率よく伝搬する、機械的なベクターです。ウサギノミ(Spilopsyllus cuniculi)の口器に存在するミクソーマウイルスは、環境によらず100日以上も活性を保っていることが観察されています。さらに、うさぎ同士の皮膚ないし被毛の接触で感染が拡大すると推測されています。

 

 

MediRabbit

 

進行したステージのミクソマトーシスに罹患したうさぎ。顔面部のアブセス形成、眼瞼の腫脹、鼻の病変が見られます。

 

MediRabbit

左:鼻と口周囲の痂皮病変の詳細

右:腫脹した眼瞼と、膿性結膜炎

 

臨床症状

ミクソマトーシスの経過は、ポックスウイルス感染症の典型的な経過を辿ります。皮膚へ接種されると、ウイルスは皮内と局所のリンパ節にて増殖を始めます。続いてウイルスは全身に播種されて行きます。ウイルスが全身に拡大し(ウイルス血症)、皮膚にも広がります。

最初の徴候は感染から3日後に現れます。眼瞼の腫脹(浮腫)に続き、口唇、生殖器にも腫脹が見られ、膿性結膜炎が起こります。病気が進行すると、失明します。通常、ウイルス感染から8から15日後にうさぎは死亡します。

慢性経過を辿る場合、最も目につく症状は、粘液腫(ミクソーマ)と呼ばれる皮膚腫瘍の形成です。粘液腫は耳、鼻、四肢に形成されます。これらの粘液腫は、ある程度の時間が経つと軽快します。慢性型ミクソマトーシスの弊害は、二次的な細菌感染です。パスツレラ属菌ないし黄色ブドウ球菌による肺炎がしばしば見られます。肺炎に続発し呼吸抑制(呼吸困難)が起こります。

 

ビデオ:ミクソマトーシス(1):臨床症状

 

診断

病状は感染したミクソーマウイルス株によりますが、通常は重症化し、ほぼ全例が死亡します。

臨床症状から診断は容易につきます。しかし、覚えておかなくてはいけないのは、スピロヘータ感染症(トレポネマ属感染により、うさぎの肛門周囲に病変を生じます)の初期症状が、ミクソマトーシスと類似しているということです。実際に、これらの感染症により形成される腫瘍病変も似た外観をしているので、スピロヘータ感染症とミクソマトーシスとを、注意深く鑑別しなくてはいけません。

ミクソマトーシスはまた、パスツレラ症のような上部気道感染とも鑑別が必要です。パスツレラ症ではミクソマトーシスと異なり、肛門周囲の腫脹は見られません。

慢性型ミクソマトーシスの症例では、バイオプシーを行って、ウイルスが存在するか調べることが勧められます。

治療

悪性度の高いミクソマトーシスに感染した場合、うさぎの助かる確率はほぼゼロです。人道的に安楽死させることが推奨されます。

治療を選択した場合、長期間に渡る集中治療が必要になります。罹患うさぎの周囲を暖かい環境(21-22)にすることが大切です。眼と耳を定期的にきれいにします。うさぎがそれなりの量の水を飲んでいたとしても、さらに出来る限り多くの水分と食餌をうさぎに与えるようにします。皮膚腫瘍は外科的に切除を行います。

不運なことに、二次的な合併症がしばしば出現します。一番多いのは、パスツレラ属菌ないしスタフィロコッカス属菌感染による、呼吸器障害と肺炎です。

慢性型ミクソマトーシスに罹患したうさぎは、自然治癒します。呼吸器合併症を避けるため、抗菌薬の投与を行っても良いでしょう。

ミクソマトーシスの常在地、そして野生うさぎやワタオウサギの間でミクソマトーシス感染が見られる地域では、定期的なワクチン接種によりペットうさぎのミクソマトーシスを予防できます。世界の全ての国々でワクチンが入手できる訳ではありません。

ビデオ:ミクソマトーシス(2):ワクチン接種

 

 

使用したワクチン、そのうさぎの年齢や品種により、ワクチン接種を受けているうさぎであっても中等度から重度のミクソマトーシス感染を起こすことがあります。稀なケースではありますが、うさぎを安楽死せざるを得ないこともあります。

Denise Baart

およそ3歳齢の未去勢オス、ドワーフうさぎのBucksには眼の感染が見られました。ゲンタポリコート点眼薬(訳注:ゲンタマイシン、硫酸ポリミキシンB、デキサメタゾンの合剤)およびバイトリル(エンロフロキサシン)による治療は奏功しませんでした。続いてBucksに、ミクソマトーシスワクチン(Lyomyxovax)の接種が行われました。ワクチン接種により、明らかなアレルギー反応が起こりました。ワクチン接種から10日後、巨大なこぶが背中にでき、失明しました。眼の周囲には水疱が形成されました。痂皮を伴う皮膚炎が起こりました。獣医師と飼主による懸命な治療にも関わらず、病状は悪化の一途を辿り、人道的に安楽死処置が行われました。.

 

うさぎのミクソマトーシスについての詳細な情報は、こちらをご参照ください。

Skin Diseases of Rabbits - 「うさぎの皮膚病」

著:E. van Praag, A. Maurer and T. Saarony,

408ページ、2010

 

謝辞

うさぎのBucksの写真を提供して下さった、Denise Baartに深謝申し上げます。

Further Reading

Best SM, Collins SV, Kerr PJ. Coevolution of host and virus: cellular localization of virus in myxoma virus infection of resistant and susceptible European rabbits. Virology. 2000; 277(1):76-91.

Boag B. Observations on the seasonal incidence of myxomatosis and its interactions with helminth parasites in the European rabbit (Oryctolagus cuniculus). J Wildl Dis. 1988; 24(3):450-5.

Boag B, Lello J, Fenton A, Tompkins DM, Hudson PJ. Patterns of parasite aggregation in the wild European rabbit (Oryctolagus cuniculus). Int J Parasitol. 2001; 31(13):1421-8.

Calvete C, Estrada R, Villafuerte R, Osacar JJ, Lucientes J. Epidemiology of viral haemorrhagic disease and myxomatosis in a free-living population of wild rabbits. Vet Rec. 2002; 150(25):776-82.

Chapple PJ, Lewis ND. Myxomatosis and the rabbit flea. Nature. 1965; 207(995):388-9.

Chapuis JL, Chantal J, Bijlenga G. Myxomatosis in the sub-antarctic islands of Kerguelen, without vectors, thirty years after its introduction. C R Acad Sci III. 1994; 317(2):174-82.

Duclos P, Caillet J, Javelot P. Aerobic bacterial flora of the nasal cavity of rabbits. Ann Rech Vet. 1986; 17(2):185-90.

Edmonds JW, Nolan IF, Shepherd RC, Gocs A. Myxomatosis: the virulence of field strains of myxoma virus in a population of wild rabbits (Oryctolagus cuniculus L.) with high resistance to myxomatosis. J Hyg (Lond). 1975; 74(3):417-8.

Flowerdew JR, Trout RC, Ross J. Myxomatosis: population dynamics of rabbits (Oryctolagus cuniculus Linnaeus, 1758) and ecological effects in the United Kingdom. Rev Sci Tech. 1992; 11(4):1109-13.

Fountain S, Holland MK, Hinds LA, Janssens PA, Kerr PJ. Interstitial orchitis with impaired steroidogenesis and spermatogenesis in the testes of rabbits infected with an attenuated strain of myxoma virus. J Reprod Fertil. 1997; 110(1):161-9.

Ghram A, Benzarti M, Amira A, Amara A. Myxomatosis in Tunisia: seroepidemiological study in the Monastir region (Tunisia). Arch Inst Pasteur Tunis. 1996; 73(3-4):167-72.

Gorski J, Mizak B, Chrobocinska M. Control of rabbit myxomatosis in Poland. Rev Sci Tech. 1994; 13(3):869-79.

Jiran E, Sladka M, Kunstyr I. Myxomatosis of rabbits--study of virus modification. Zentralbl Veterinarmed B. 1970; 17(3):418-28.

Joubert L, Tuaillon P, Larbaigt G. Serologic and allergologic relationship between rabbit myxomatosis and fibromatosis viruses. Conglutination reaction and homologous and heterologous hypersensitivity. Bull Acad Vet Fr. 1970; 43(6):259-76.

Joubert L, Oudar J, Mouchet J, Hannoun C. Transmission of myxomatosis by mosquitoes in Camargue. Preeminent role of Aedes caspius and Anopheles of the maculipennis group. Bull Acad Vet Fr. 1967; 40(7):315-22.

Kerr PJ, Merchant JC, Silvers L, Hood GM, Robinson AJ. Monitoring the spread of myxoma virus in rabbit Oryctolagus cuniculus populations on the southern tablelands of New South Wales, Australia. II. Selection of a strain of virus for release. Epidemiol Infect. 2003; 130(1):123-33.

Kerr PJ, Best SM. Myxoma virus in rabbits. Rev Sci Tech. 1998; 17(1):256-68.

Lawton MP. Myxomatosis vaccine. Vet Rec. 1992; 130(18):407-8.

Licon Luna RM. First report of myxomatosis in Mexico. J Wildl Dis. 2000; 36(3):580-3.

Marcato PS, Simoni P. Ultrastructural researches on rabbit myxomatosis. Lymphnodal lesions. Vet Pathol. 1977; 14(4):361-7.

Marlier D, Mainil J, Linde A, Vindevogel H. Infectious agents associated with rabbit pneumonia: isolation of amyxomatous myxoma virus strains. Vet J. 2000; 159(2):171-8.

Merchant JC, Kerr PJ, Simms NG, Robinson AJ. Monitoring the spread of myxoma virus in rabbit Oryctolagus cuniculus populations on the southern tablelands of New South Wales, Australia. I. Natural occurrence of myxomatosis. Epidemiol Infect. 2003; 130(1):113-21.

Merchant JC, Kerr PJ, Simms NG, Hood GM, Pech RP, Robinson AJ. Monitoring the spread of myxoma virus in rabbit Oryctolagus cuniculus populations on the southern tablelands of New South Wales, Australia. III. Release, persistence and rate of spread of an identifiable strain of myxoma virus. Epidemiol Infect. 2003; 130(1):135-47.

Nash P, Barrett J, Cao JX, Hota-Mitchell S, Lalani AS, Everett H, Xu XM, Robichaud J, Hnatiuk S, Ainslie C, Seet BT, McFadden G. Immunomodulation by viruses: the myxoma virus story. Immunol Rev. 1999; 168:103-20.

Omori M, Banfield WG. Shope fibroma and rabbit myxoma factories: electron microscopic observations. J Electron Microsc (Tokyo). 1970; 19(4):381-3.

Patterson-Kane J. Study of localised dermatosis in rabbits caused by myxomatosis. Vet Rec. 2003; 152(10):308.

Patton NM, Holmes HT. Myxomatosis in domestic rabbits in Oregon. J Am Vet Med Assoc. 1977; 171(6):560-2.

Regnery DC. The epidemic potential of Brazilian myxoma virus (Lausanne strain) for three species of North American cottontails. Am J Epidemiol. 1971; 94(5):514-9.

Regnery DC, Miller JH. A myxoma virus epizootic in a brush rabbit population. J Wildl Dis. 1972; 8(4):327-31.

Robinson AJ, Muller WJ, Braid AL, Kerr PJ. The effect of buprenorphine on the course of disease in laboratory rabbits infected with myxoma virus. Lab Anim. 1999; 33(3):252-7.

Ross J. Myxomatosis and the rabbit. Br Vet J. 1972; 128(4):172-6.

Ross J, Tittensor AM. The establishment and spread of myxomatosis and its effect on rabbit populations. Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci. 1986; 314(1167):599-606.

Ross J, Sanders MF. The development of genetic resistance to myxomatosis in wild rabbits in Britain. J Hyg (Lond). 1984; 92(3):255-61.

Ross J, Tittensor AM, Fox AP, Sanders MF. Myxomatosis in farmland rabbit populations in England and Wales. Epidemiol Infect. 1989; 103(2):333-57.

Ross J, Sanders MF. Changes in the virulence of myxoma virus strains in Britain. Epidemiol Infect. 1987; 98(1):113-7.

Rothschild M. Myxomatosis and the rabbit flea. Nature. 1965; 207(2):1162-3.

Sellers RF. Possible windborne spread of myxomatosis to England in 1953. Epidemiol Infect. 1987 Feb;98(1):119-25

Shepherd RC. Myxomatosis: the occurrence of Spilopsyllus cuniculi (Dale) larvae on dead rabbit kittens. J Hyg (Lond). 1978; 80(3):427-9.

Shepherd RC, Edmonds JW. Myxomatosis: the release and spread of the European rabbit flea Spilopsyllus cuniculi (Dale) in the Central District of Victoria. J Hyg (Lond). 1979; 83(2):285-94.

Sobey WR, Conolly D, Haycockp, Edmonds JW. Myxomatosis. The effect of age upon survival of wild and domestic rabbits (Oryctolagus cuniculus) with a degree of genetic resistance and unselected domestic rabbits infected with myxoma virus. J Hyg (Lond). 1970; 68(1):137-49.

Sobey WR, Conolly D. Myxomatosis: passive immunity in the offspring of immune rabbits (Oryctolagus cuniculus) infested with fleas (Spilopsyllus cuniculi Dale) and exposed to myxoma virus. J Hyg (Lond). 1975; 74(1):43-55.

Torres JM, Sanchez C, Ramirez MA, Morales M, Barcena J, Ferrer J, Espuna E, Pages-Mante A, Sanchez-Vizcaino JM. First field trial of a transmissible recombinant vaccine against myxomatosis and rabbit hemorrhagic disease. Vaccine. 2001; 19(31):4536-43.

Trout RC, Ross J, Fox AP. Does myxomatosis still regulate numbers of rabbits (Oryctolagus cuniculus Linnaeus, 1758) in the United Kingdom? Rev Sci Tech. 1993; 12(1):35-8.

Werffeli F. Observations on the appearance of a clinically atypical manifestation of myxomatosis in wild and domestic rabbits. Schweiz Arch Tierheilkd. 1967; 109(1):9-16.

Williams RT, Dunsmore JD, Parer I. Evidence for the existence of latent myxoma virus in rabbits (Oryctolaqus cuniculus (L.)). Nature. 1972; 238(5359):99-101.

Wunderwald C, Hoop RK, Not I, Grest P. Myxomatosis in the rabbit. Schweiz Arch Tierheilkd. 2001; 143(11):555-8

Zuniga MC. Lessons in D tente or know thy host: The immunomodulatory gene products of myxoma virus. J Biosci. 2003; 28(3):273-85.

 

 

 

 

e-mail: info@medirabbit.com