顔面の左右不対称、顔面麻痺

 

うさぎにおける原因

 

 

本サイトMediRabbit.comは純粋に皆様のご寄付によって運営されています。額面の多寡を問わず、全てのご寄付に感謝申し上げるとともに、頂いたご寄付は世界中のうさぎの医学発展と健康増進のための研究を継続するために使わせて頂きます。ありがとうございます。

 

顔面麻痺は通常、第7脳神経と関連しています。顔面麻痺に罹患したうさぎの症状としては、正面から見たときに左右不対称な顔つきがあります。神経障害の程度によって、耳の下垂、眼瞼下垂、第三眼瞼の露出、口唇下垂などを起こします。

この写真のうさぎは鼻をピクピクさせているわけではありません。顔の左側の筋肉がコントロールできないために、まるで顔の左側が腫れているように見えます。右側は正常です。

 

Kim Chilson

顔面神経麻痺と診断されたロップラビット

こうした麻痺の原因は様々です。頭蓋外病変、頭蓋内病変、あるいは側頭内病変:

頭蓋外病変としては、

         外傷

         腫瘍(脳内腫瘍)

頭蓋内病変としては、

           医原性障害

           腫瘍

           筋肉や神経の変性

           筋肉の炎症-筋炎

側頭内病変としては、

           外傷、例えば側頭骨骨折あるいは貫通性外傷

           歯根の慢性病変、アブセス

           骨損傷、骨髄炎、骨融解、骨壊死

           細菌感染、しばしば耳の外側あるいは慢性中耳感染から

           側頭骨錐体部(錐体突起)の骨折

           医原性(獣医師による診断または治療の失敗)

           様々な腫瘍(例 血管腫、髄膜腫、癌腫、くも膜嚢腫)

 

稀なケースとして、代謝性疾患が関与していることがあります。そうした場合、顔面麻痺はふつう、両側性に見られます。

 

 

  

e-mail: info@medirabbit.com